ランキングの調査|まずは信頼できるマンション管理会社の発見から

集合住宅

マンション管理の集約化

握手

管理組合による選定

分譲マンションのマンション管理は日本においては管理組合が行うことになっています。しかしながら購入した住民で構成する管理組合は管理の専門家ではないため管理組合の選定した管理会社が行うことが一般的です。住民の合意を形成するためにはマンション管理会社ランキングの上位を選定することが重要です。マンション管理会社ランキングは毎年発表されていますので信頼できる企業が上位を占めています。マンション管理はスケールメリットが効く業種となっていますのでマンション管理会社ランキングの上位の受託戸数の推移を見てみますと、規模の拡大を図っていることが見て取れます。最近はマンションの建替えの条件が緩和されていますが、マンションの価値は維持管理次第となっていますので日常管理が重要です。

管理人の質が重要

マンションの管理は管理人の質によるところが少なくありません。大型のマンションでは管理人が常駐しますが、小型のマンションでも巡回する管理人によって大きく差が出ます。マンション管理会社ランキング上位の管理会社は管理人の研修に力を入れています。マンションは外部は共用部分となりますので共用部分の維持管理が重要になっています。定期的に点検を行い不具合が発生する前に手を打つことが建物の耐久性を高めることに繋がります。屋根や外壁を定期的に点検する必要があります。また設備は劣化すると取り替えが必要となりますので日頃の点検が重要です。いずれにしても現在の管理状態をチェックすると同時に管理に不十分なことがあればマンション管理会社変更が必要となります。